2018年(平成30年)宅建試験 問題49(土地)

【問49】(登録講習者免除問題、5点免除問題)

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

 

 

1.山麓の地形の中で、地ずべりによってできた地形は一見なだらかで、水はけもよく、住宅地として好適のように見えるが、末端の急斜面部等は斜面崩壊の危険度が高い。

 

2.台地の上の浅い谷は、豪雨時には一時的に浸水することがあり、現地に入っても気づかないことが多いが、住宅地としては注意を要する。

 

3.大都市の大部分は低地に立地しているが、この数千年の間に形成され、かつては湿地や旧河道であった地域が多く、地震災害に対して脆弱で、また洪水、高潮、津波等の災害の危険度も高い。

 

4.低地の中で特に災害の危険度の高い所は、扇状地の中の微高地、自然堤防、廃川敷となった旧天井川等であり、比較的危険度の低い所が沿岸部の標高の低いデルタ地域、旧河道等である。

 

 

 

 

土地に関する問題。

 

1~3の選択肢は記述どおり○。

 

4.低地の中で特に災害の危険度の高い所は、扇状地の中の微高地、自然堤防、廃川敷となった旧天井川等であり、比較的危険度の低い所が沿岸部の標高の低いデルタ地域、旧河道等である

・旧河道は地盤が軟弱で、地震や洪水の被害を受けることが多く、一般に宅地には適さない。

・川底が周辺の土地より高い天井川の廃川敷は宅地として利用可能である。

・自然堤防は砂や礫からなり、排水性がよく地盤の支持力もあるため、宅地として良好な土地である。

 

 

 

問49の答え:4