2018年(平成30年)宅建試験 問題13(区分所有法)

【問13】

建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

 

 

1.規約の設定、変更又は廃止を行う場合は、区分所有者の過半数による集会の決議によってなされなければならない。

 

2.規約を補完する者は、利害関係人の請求があったときは、正当な理由がある場合を除いて、規約の閲覧を拒んではならず、閲覧を拒絶した場合は20万円以下の過料に処される。

 

3.規約の保管場所は、建物内の見やすい場所に掲示しなければならない。

 

4.占有者は、建物又はその敷地若しくは附属施設の使用方法につき、区分所有者が規約又は集会の決議に基づいて負う義務と同一の義務を負う。

 

 

区分所有に関する問題。

1.規約の設定、変更又は廃止を行う場合は、区分所有者の過半数による集会を決議によってなされなければならない。

規約の設定、変更又は廃止を行う場合には、区分所有者および議決権の各4分の3以上の多数による集会の決議が必要。

 

したがって問13の答えは、1