2018年(平成30年)宅建試験 問題14(不動産登記法)

【問14】

不動産の登記に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

 

 

1.登記は、法令に別段の定めがある場合を除き、当事者の申請又は官庁もしくは公署の嘱託がなければ、することができない。

 

2.表示に関する登記は、登記官が、職権ですることができる。

 

3.所有権の登記名義人は、建物の床面積に変更があったときは、当該変更のあった日から1月以内に、変更の登記を申請しなければならない。

 

4.所有権の登記名義人は、その住所について変更があったときは、当該変更のあった日から1月以内に、変更の登記を申請しなければならない。

 

 

 

不動産登記法の問題。

 

選択肢1~3は記述のとおりです。

 

4の住所変更の登記には期限の定めはなく、したがって「1月以内に」というのは誤り。

 

問14の答え:4