2018年(平成30年)宅建試験 問題39(35条書面)

【問39】

宅地建物取引業者が建物の賃借の媒介を行う場合における宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)第35条に規定する重要事項の説明に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、特に断りのない限り、当該建物を借りようとする者は宅地建物取引業者ではないものとする。

 

 

1.当該建物を借りようとする者が宅地建物取引業者であるときは、賃借の契約が成立するまでの間に重要事項を記載した書面を交付しなければならないが、その内容を宅地建物取引士に説明させる必要はない。

 

2.当該建物が既存の住宅であるときは、法第34条の2第1項第4号に規定する建物状況調査を実施しているかどうか、及びこれを実施している場合におけるその結果の概要を説明しなければならない。

 

3.台所、浴室、便所その他の当該建物の設備の整備の状況について説明しなければならない。

 

4.宅地建物取引士は、テレビ会議等のITを活用して重要事項の説明を行うときは、相手方の承諾があれば宅地建物取引士証の提示を省略することができる。

 

 

 

35条書面に関する問題。

1~3の選択肢は記述のとおり○。

 

選択肢4の、ITを活用して重要事項の説明を行う場合にも、宅地建物取引士証の提示を省略することはできません

 

 

 

問39の答え:4