宅建の資格取得を引き寄せる!リズム良く学習を進めるための3つのポイント

宅建の資格試験を行う目的は、有資格者としての必要な知識がきちんと頭の中に入っているか、専門的なことを深く理解しているか、この2つを確かめることにあります。ですから宅建の試験では、出題される問題にもそれを確かめるための工夫が随所になされます。

いっぽう受験者のほうは、できれば苦労なく合格したい、すんなり一回で合格したいと思っています。その二つの思いはそれぞれ相反するもののようにも見えますが、そうとばかりも言い切れません。というのは、「簡単に合格できる方法」とは「簡単に理解を深めることのできる方法」でもありますから、出題者の望むゴールと相反しません。

物が整理整頓され綺麗に片付いた家は、すがすがしく心地良いですが、頭の中をこの状態にするような学習法が、良い学習法なんですね。

宅建の勉強でも、頭の中をそういう状態にし、なおかつ短期間に合格へもっていくためには、なんといってもリズム良く学習を進めるのがベストです。そこで、心地よいリズムを生み出すための3つのポイントをご紹介します。

 

宅建の勉強に使うアイテムを絞る

教材を大きく分ければテキスト、参考書、問題集と3つですが、そのなかにも分野別になっているもの、マンガ本にしたもの、基礎と応用に分けたものと、ほんとうにさまざまです。そのような中で、簡単に合格できる教材を求めてあれこれ手を出してしまった結果、何種類もの教材を併用して学習するというようなことはあまりおすすめしません。

その理由は、いくつもの教材を持つことで頭の中がかえって複雑になってしまうこともその一つですが、教材はできるだけ絞ったほうが時間を効果的に使えるからです。アイテムを絞れば心の負担も軽くなりますし、「集中力の分散を防ぐ」「やる気を持続させやすい」というメリットもあります。そのため最初の教材選びが重要ということになります。もしいま、何種類ものテキストや参考書を併用しているのであれば、どれかに絞ってみてはいかがでしょうか。

▶おすすめの参考書と問題集はコレ!その理由と特徴をチェックしてみる

絞ったアイテムを使い倒す!

教材は基本的には使い倒せば合格できるように作られています。思うように進まなかったり焦りから気持ちが分散してしまったりと、教材に真正面から向き合う姿勢がなくなったときに、合格が遠くなっていきます。教材の種類が多ければ使い倒すことができず合格を引き寄せることが難しくなります。厳選した教材をしっかり使い尽くす意気込みでスタートしましょう。

▶宅建試験短期合格プラン!合格までの効果的な勉強の流れとコツとは?

細切れの時間を活用する

一日の中におそらく誰でもあるであろう細切れの時間は、とても便利で強力な福の神です。というのもガッチリと机に向かえない隙間時間は、

●ちょっとした時間だから気軽に取り組める

●短時間だから強力な集中力を持って取り組める

●記憶の呼び覚ましと定着にもってこいのタイミングでやってくる

●1日に複数回あ

●使えば使うほどやる気が出てくる

と良いことずくめです。そんな細切れ時間を活用しないなんてとてももったいないですよね。この「ちょいちょいタイム」をフル活用してみましょう。気持ちが切り替わるだけでなく、成績アップのスピードが変わりますよ。

▶苦手な暗記がラクになる!マイ虎の巻の作成方法とは?

まとめ

厳選した教材に絞ろう

・絞った教材は使い倒そう

細切れの時間は福の神と実感しよう