通学、通信、独学の特徴比較!宅建試験に1回で合格するために知っておくべきこととは

宅建の資格を取ろうとするときにまず考えるのが、合格の可能性と勉強にかけるエネルギーはどの程度必要かということではないでしょうか。

ところが、いざ勉強をスタートするという時に、その学習法について調べる人は意外に少ないように思います。安易にスタートしてみた結果、難しさを感じたり乗り越えられない壁のように見えてしまう。

でもそこであきらめてしまうのはとても残念なことです。というのも、宅建は、事前に試験を研究して合格しやすい勉強法を知っていれば、簡単に合格できる資格だからです。それに気づく前にあきらめてしまうのは本当にもったいないと思います。

ここから挽回して一気に合格めがけて突っ走っていきましょう!

壁を作ってしまった方はその壁を乗り越えるために、またこれから始めようという方はそうした壁をつくらないために、はじめに学習スタイルや学習法について考えておく必要があります。そこでここでは、そのうちの学習スタイルを取り上げてみたいと思います。

 

独学・通信・通学のメリットデメリットを検討し、性格に合った方法を選ぼう

勉強を始めるにあたって独学や通信、通学の3つの選択肢の中からどれを選ぶのかは思いのほか重要です。自分に合ったスタイル、教材を選択できればそれだけスムーズに合格への道を歩んでいけることになります。そこで、それぞれの特徴を比べながら、自身の性格とのマッチング性を分析してみましょう。

 

独学による宅建学習のメリットデメリット

●多くの市販本の中から好みの教材を選択でき、適切に選択すればジャストフィットな学習が可能。

●スケジュールを完全自己管理で進めたい人に向いている。

●自己管理が苦手な場合、「学習が進まない」「理解度が把握できない」などの暗礁に乗り上げる可能性がある。

●費用が安価

 

 

▶宅建独学合格のおすすめテキストとその勉強法をセットで紹介

関連記事:独学教材を比較検討してみるならココをチェック!

▶市販テキストの特徴比較と学習タイプ別おすすめテキスト

▶独学合格の基本教材 過去問題集の特徴比較

▶独学合格の強い味方!一問一答問題集の特徴を比較

 

通信教育による宅建学習のメリットデメリット

●教育に精通した専門家が監修した教材で学習ができる。

●添削提出により、計画的に学習を進めるシステムが整っている。

●仲間がいなければやる気を持続できない場合は、挫折の可能性が。

●質問ができるので心強い。

●独学と通学のメリットがバランスよく取り入れられている。

 

>>>全国No.1級の宅建プロ講師監修!<<<
>>>的中率90%を超える教材がスゴい!TOP宅建専門講座<<<

>>>講師の熱意がスゴい!教材の凝縮がスゴい!ユーキャン<<<

生涯学習のユーキャン

 

通学による宅建学習のメリットデメリット

●自己管理がとても苦手という人に最適。

●一緒に学習する仲間がいるためモチベ―ションを保ちやすい。

●先生との距離が近く紙以外のところからも多くを学べる。

●通学時間や講座の進行ペースにおいて時間のロスが生じる。

●3つの中では費用が最も高額。

 

 

ポイントは、自己管理に自信があるかどうか、やる気を維持することに自信があるかかの2点です。そのうえで、日頃の生活の中に時間的制約がどの程度あるかということも考える必要があるでしょう。

▶宅建にあっさり合格したいならこのツボを押さえて!簡単に合格する人には理由と勉強法があった。

 

まとめ

・独学、通信、通学それぞれのメリットデメリットを総合的に考え、一番自分に合った学習方法を選びましょう。