正攻法だけじゃダメ?宅建試験を優位にする心構えとは!

優秀な宅建士になるために学習して理解を深めていくことはとても大切です。ただそれと同時に、確実に試験に合格するための戦略を立てることも重要でしょう。何も考えずに試験に臨むのと、試験を有利に運ぶための戦略を立ててから望むのとではどうしても結果が違ってきます。合格しなければ宅建士を名乗る資格が得られませんし、不動産の売買には宅建士が不可欠ですから、合格に向けてできることはやっておきましょう。

 

1.試験を優位にするためにできることはやっておこう!

宅建試験にはその受け方に有利になるコツがあります。またそこに至るまでにも、試験を攻略するための効果的な学習スケジュールの組み方があります。宅建は数ある資格の中でも範囲が広くて複雑な内容ですから、多くの通学講座や通信講座などでもそれぞれ工夫したカリキュラムが組まれています。

ところで、独学の皆さんはどんなふうにカリキュラムを組んでいるでしょうか。

最初から計画的にスタートする人は非常に少ないように思うのですが、無計画で合格するには少し厳しい合格率と言えます。加えて、それでは効率が悪いです。最初に学習法を検討し、ゴールにたどりつくまでの道筋をある程度つけてからスタートすれば、ずっとスムーズにゴールテープが切れますよ。

 

▶宅建をあっさり合格したいならこのツボを押さえて!おすすめの通信講座と独学教材の特徴比較。簡単に合格する人には理由と勉強法があった。

▶宅建試験短期一発合格プラン。参考書と問題集はこう使う。

2.宅建試験の合格点は決まっていないってホント?

一般的な試験では合格点が何点と決まっているものが多いなか、宅建試験は合格点が決まっていません。ではどうやって合格点を決めているのでしょうか。

それは、その年の正答率を見て決めています。受験者全体の正答率をみて、合格率が15%ほどになるラインを合格点とする傾向にあります。

そういうわけですから、一緒に受験している仲間がそのまま競争相手でもあるのです。そのような状況のなかで、差をつけていくには日頃の学習に加えてもう一つ工夫が必要です。皆等しく同じ問題、同じ試験時間が与えられています。その中で少しでも有利になる戦略を練りたいものです。

▶宅建独学合格のおすすめ市販テキストとその勉強法

3.試験本番前に必ずやっておくべきこととは?

試験の数日前には、本番を想定した練習をしておきましょう。本番と同じ2時間を計測してやっておくことで、時間配分の目安とコツがつかめ、本番を落ち着いて乗り切ることができます。また練習である程度うまくいっても、試験当日には緊張するものです。それも想定して、練習段階では余裕をもって結果が出せるようにしておきましょう。

当サイトでは試験本番を有利に受けるコツも紹介していますので、気になる方はこちらをご覧ください。⇩

▶気になる試験当日!どう受ける?その裏ワザとは