宅建勉強を楽しく入門!おすすめ宅建マンガ本比較

宅建の資格取得にチャレンジしたい!でもいきなり本格的な教材に入るのは敷居が高いなぁ・・。

それ、いいことなんです。敷居が高いと感じればそれを下げようとしますよね。それが宅建の勉強を進みやすくすることに繋がります。宅建にすんなり合格するには、宅建勉強のできるだけ初期の段階で宅建の全体像を把握しておくことがポイントになります。

そこで、宅建に楽しく入門したい人のためのマンガ本をご紹介します。

 

 

ユーキャン 宅建士 マンガ入門

2020年版 ユーキャンの宅建士 まんが入門 (ユーキャンの資格試験シリーズ)

2019年10月18日発売

●価格:2,420円

●272ページ

●4コマ漫画と丁寧な解説を繰り返すスタイルで、楽しみながら宅建の全体像を把握できるよう工夫されています。

 

うかる!マンガ宅建士入門

※2019年11月16日発売。

●価格:2,200円

●264ページ

●読むだけで基礎知識が身に付くよう法律用語を具体例やイラストで説明。ストーリー仕立てのマンガで試験の重要ポイントを押さえます。

 

マンガ宅建士 はじめの一歩

2020年版 マンガ宅建士はじめの一歩 (民法改正もこれならわかる!)

2019年10月22日発売

●価格:2,750円

●364ページ

●入門から試験直前まで使えるよう、ストーリーマンガ解説のほか、補足の文章解説により知識整理ができるよう構成されています。昭和っぽい懐かしいタッチのマンガです。

 

宅建士マンガテキスト マンガ宅建塾

2020年版 マンガ宅建塾 (らくらく宅建塾シリーズ)

2019年12月3日発売

●価格:2,640円

●項目別4コマ漫画で宅建のイメージ掴みと理解がサラリと進むよう配慮されています。