【宅建】試験合格を引き寄せる!苦手分野はこうしてトレーニングする!

宅建試験で多くの人が苦手とする分野といえば、なんといっても権利関係(民法)ではないでしょうか。なかには「民法大好き!」というちょっと羨ましいような人もいると思いますが、それでも宅建の全分野を得意とする人はまれではないでしょうか。そこでここでは、宅建合格を近づける、苦手分野を強化するためのトレーニング法をご紹介します。

 

宅建の問題集はこう使う

宅建の勉強をすでに始めている人は、テキストの他に問題集を手にしていることと思います。それはどのような問題集でしょうか。出版されてる問題集の種類は「分野別問題集」「模試型問題集」「一問一答問題集」「過去問題集」とさまざまですが、この中で必ず使っていただきたいのは過去問題集です。ただしこれは苦手分野のトレーニング用というよりも、本番試験に備えてのいわば試験慣れするために使いたい問題集です。宅建試験の合格を狙うにあたって、苦手分野を集中的に鍛えるには、一問一答問題集をおいてほかにはありません。


(スマホアプリ付きのこちらもおすすめ)

 

その活用法は、

まず苦手分野のテキストを一度通読します。そして一問一答問題集を解いてみましょう。そうすることで、本番の試験でどのような問題が出されるのかがわかります。

次に、もう一度テキストを今度は重要なキーワードにマーカーを引きながら読み進めます。一問一答問題集を解いてみたことでテキストのどの箇所が重要かが把握できたはずですから、そこに引いていくことがポイントです。この一連の作業をすることによって、次にテキストを開いたときに、その部分を集中的に目にすることができ、効率のよい学習が進められます。

一問一答で間違ってしまった問いは、単に〇×チェックをして丸暗記するのではなく、「なぜ私はそう答えたのか」、「なぜそれは間違いなのか」をつきとめ、理解しようと努めることが大切です。

 

 

 

宅建は学習の範囲が広く、暗記で乗り切ろうとすればその量は膨大になります。そもそも丸暗記ではすぐに忘れてしまいます。いっぽう、理詰めで理解したことは忘れにくく、また覚えやすくもあり、結果として学習時間を少なくすることができるのです。

 

<注意>

問題集を入手する場合は、古いものではなく新しく発行されたものを手に入れてください。宅建の試験問題は例年比較的似通った問題が出題される傾向にあります。しかしながら宅建業法は毎年法改正が行われていますので、発行年の古い問題集を使用すれば、法改正前の間違った情報をインプットすることにつながります。過去問題集においても、新刊のものであれば、法改正後の条件に適合するように手直しして出版されていますので、安心して学習に役立てることができます。再受験を目指す人で昨年のテキストを使用するという場合は、法改正があった部分を必ずチェックして書き直してください。

 

まとめ

・苦手分野克服には一問一答が効率的

・本番試験に備えるには過去問題集を使う