宅建の通信・独学比較おすすめ通信講座と独学テキスト選択のツボ

知らないと損?宅建をあっさり合格したいならこのツボをおさえて!

おすすめの通信講座と独学テキストの特徴・比較

簡単に合格する人には理由と勉強法があった

 

1.宅建の難易度が分かりずらい理由

宅建の資格取得を考えるとき、気になるのはそれが簡単なのかそれとも難しいのか、また難しいとしてそれはどれくらいの難易度なのか、ということではないでしょうか。

宅建試験の合格率は15%ほど。そこまでは検索して調べれば誰でも確かな数字としてわかります。だけどそれが実感としてまたあなたにとって、どの程度の難易度なのかは、どんなに調べてもわかりません。

 

なぜなら、宅建の勉強をしたことのある人に直接聞いても、ネットの書き込みを調べても、宅建に合格するのは「難しい!」と言う人と、「簡単!」と言う人にくっきりと分かれます。あなたもそのことを不思議に感じませんでしたか?結果、簡単なのか難しいのか分からずじまいになります。

 

そのため宅建に興味はあるものの、最初からあきらめてしまう人も少なくないようです。

2.宅建には難易度を下げるツボがある

しかしながら、学校の成績は宅建試験にはあまり関係がありません。実際に、著者よりも学歴優秀な方が何度も合格目指してチャレンジしていらっしゃいますし、その逆もあります。あなたの周りにも似たようなことがあると思います。

「どうしてそんなことがあるの?」と不思議に思うことから、確かな一歩が始まります。そこには何か理由があるはずだと感じることでしょう。

 

そうなんです! 宅建を簡単にした人には、ちゃんと理由があるんです。

 

その理由をこれから紹介していきます。このあと掲載するおすすめの通信講座や独学教材は、そのポイントをしっかり押さえたものになります。宅建合格へ向けて頑張ろうというときの参考になる情報ですので、最後までお読みいただき、しっかりと比較検討してください。また、宅建試験の傾向や、宅建が簡単な人の理由、簡単に合格するための勉強のコツも掲載しています。

 

 

まずは、すぐに教材を入手したい方に向けて、「合格に強いおすすめの通信教育」と「独学教材」を掲載します。その後、それぞれのおすすめの理由と特徴、独学と通信で迷っている方に向けたメリットデメリット比較、宅建に簡単に合格できる理由と勉強のコツを掲載していきます。

3.おすすめの通信講座

(宅建専門校のプロ教材で合格を目指すならここがおすすめ!)

>>>全国No.1級の宅建プロ講師が監修!<<<
>>>的中率90%を超える教材がスゴい!TOP宅建専門講座<<<

 

 

(薄いテキストでムリなく合格を目指すならここがおすすめ!)


>>>講師の熱意がスゴい!教材の凝縮がスゴい!ユーキャン<<<

生涯学習のユーキャン

 

4.おすすめの参考書と問題集

独学で合格を目指す方へのおすすめの参考書と問題集です。

(独学での一発合格を目指すならこの教材がおすすめ!)

 

関連記事:市販教材の比較検討に

▶市販テキストの特徴比較。学習タイプ別おすすめテキスト

▶過去問題集の特徴を比較

▶独学合格の強い味方 一問一答問題集の特徴比較

▶宅建市販本の新刊予定カレンダー

5.宅建試験の傾向と通信講座おすすめの理由

毎年20万人ほどの人が受験をする大人気の国家資格宅建。でもその合格率は15%ほど。そんな人気の宅建試験は、いったいどんな出題傾向なのでしょうか。そしておすすめの教材の理由もいっしょに見てみましょう。

1.宅建の出題傾向

宅建の学習範囲は、実は、相当広いです。ですからやみくもに学習を始めてしまって「難しい!」と嘆く人が後を絶ちません!対策を立てずに宅建の知識を全て網羅しようと思えば、きりがないほど広いのが宅建試験の難しいところです。ですから試験を研究せずに真正面からぶつかると合格までの道のりを苦労することになります。

いっぽうで、宅建試験は、例年似通った傾向の問題が出題されています。宅建士という大事な資格にそれでいいのかと思いますよね。でもそれにはちゃんとした理由があります。宅建士は本当に重要な仕事です。ですから「宅建士の重要なポイントを押さえていない人を資格認定するわけにはいかない」のです。宅建の試験は全部で50問出題されます。その50問に重要なポイントを出題していくと、それほど大きな出題傾向のアレンジはできないということになります。ですからどうしても似通った問題になってしまいます。

 

宅建は2015年から士業になりました。その資格の重要性は弁護士などの従来士業と変わらないほどに認められてきていますし、これからますますその傾向は高まることが予想されます。このまま社会が多様化を続け複雑化していけば、もしかすると将来50問が100問になる日が来るかも知れません。

 

宅建の出題範囲を隅から隅まで勉強しようと思えばきりがありませんが、以上のことを踏まえて重要度の高いポイントを押さえて学習すれば、すんなり合格できます。みなさんの周りでも見られる、「宅建は難しい!」と言う人と「簡単に合格できる!」と言う人の不思議な現象の原因は、こんなところにあります。

2.通信教材のおすすめの理由は?

おすすめの通信教材は、宅建の合格者を数多く輩出してきた「宅建試験に関するプロの講師が監修」しています。ですから、出題されるポイントを効率よく学習できるように、工夫がされ、また受講者をなんとしても合格へ導こうとの熱意が込められています。

前述したように宅建試験は出題傾向を分析し、それに沿った教材や学習方法を取ることが、ラクに合格できるかどうかに大きくかかわってきます。教育のプロ・宅建試験のプロが研究しつくした教材による通信教育は、いわば受験者が出題傾向の分析を専門家に依頼したようなものです。いっぽう独学での合格を目指すときには、出題傾向の把握ができるような学習法を自分で考えて進めていかなければなりません。専門家による通信教育はスタート地点が独学よりだいぶ先のほうにあるという感覚でお得です。

3.そんなに的を絞った学習で大丈夫なの?

お話してきたように宅建試験では、重要ポイントがある程度絞られています。また範囲の広さは半端ではありません。そのようななかで、ほとんど出題されることのないところにまで手を広げて学習することは、合格を遠のかせるだけでなく、頭の中の整理整頓も難しくなり学んだ知識を活かすことも困難になります。特に試験に合格しようという時の教材選びは、「宅建の知識を網羅する教材」ではなく、「合格に特化した教材」をチョイスすることが目標達成への近道です。

6.通信教育と独学、どちらを選べばいいのかしら?メリット・デメリット比較

通信教育と独学、どちらにしようかと迷っている人も多いことと思います。そこで、それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。自分に合った学習スタイルを選択すれば、合格への道のりもそのぶんラクになると思います。

わかりやすく箇条書きにしてみました。

1.通信教育のメリットとデメリット

【通信教育のメリット】

●宅建試験に精通した専門家が監修した教材で効率良く学習ができる。

●添削提出により、①講師からの熱のこもったアドバイスがもらえる、②計画的に学習を進めるシステムが整っているため、理解度の把握ができるとともに、自己管理が苦手な人や独学で最後までやりきる自信がない人のモチベーションUPに役立つ。

●分からないことが出てきたときに質問ができるので心強い。

●通学に比べて時間の無駄や授業の進行スピードにおける無駄が省け、独学と通学のメリットがバランスよく取り入れられている。

【通信教育のデメリット】

●独学より費用が高くつく

 

2.独学のメリットとデメリット

【独学のメリット】

●多くの市販本の中から好みの教材を選択でき、適切に選択すればジャストフィットな学習が可能。

●スケジュールを完全自己管理で進めたい人に向いている。

●通信教育の場合と同じく通学の時間や授業スピードの無駄がない。

●費用が安価

【独学のデメリット】

●自分でモチベーションが保てない場合、「学習が進まない」「理解度が把握できない」などの暗礁に乗り上げる可能性がある。

 

通信と独学のどちらが自分に合っているかを考えるとともに、各種教材の特徴や強みをチェックしてみることも大切ですので、次にその特徴と強みをみていきます。

7.TOP宅建学院の講座の特徴とおすすめの理由!

TOP宅建学院は、毎年多くの合格者を輩出している宅建の専門校です。そのため宅建の試験を知り尽くした専門校ならではの強みと経験にもとづくカリキュラムが人気です。ではその特徴を見てみましょう。

 

TOP宅建学院の通信講座の特徴

・全国No.1級の宅建プロ講師が監修した教材で学べる

・TOP学院の教材は毎年本試験的中率が90%を超えている

・宅建試験を徹底的に分析し、試験に出るところを厳選。無理なく無駄なくマスターできる

・必要な知識をテキストに凝縮。時間がなくても要領よく短時間で合格レベルに到達できる

・入門DVDで用語の意味や全体像をわかりやすく解説

・メールや郵送・FAXでの質問が何度でも無料

・3冊の分野別問題集で弱点を効果的に鍛えられる

・一発合格答練で本試験を徹底的に攻略し、実戦力が強化できる

・過去数多くの本試験を的中させてきた本試験攻略模試で合格力が磨かれる

 

●総講義32,000時間以上を誇る宅建のプロが監修している教材ですから、的中率が90%を超えているのも納得です。

●宅建専門校の合格ノウハウをギッシリ詰め込んだテキストですから、効率良く学べます。

●毎年必ず出題されるのが「最新の法改正」と「最新の統計」ですが、TOPはそれらにも対応しています。

 

TOP宅建学院のまとめ

TOP宅建学院の通信講座は、宅建の専門校ならではの強みと合格ノウハウが凝縮されていることがわかりました。その強みをもってすれば、合格への道のりも心強いものではないでしょうか。TOPの特徴は、料金によって様々なコースがあり、3万円代のコースではテキストや問題集の他にCDが17枚、9万円代のコースになるとテキスト問題集のほかDVDが24枚と、紙学習だけではない教材がセットになっていることが次に紹介しますユーキャンとの大きな違いになります。

 

↓↓TOP宅建専門校の講座を詳しく見てみるならこちらからどうぞ↓↓

>>>全国No.1級の宅建プロ講師監修!<<<
>>>的中率90%を超える教材がスゴい!TOP宅建専門講座<<<

8.ユーキャン宅建講座の特徴とおすすめの理由!

ユーキャンといえば、芸能人が資格取得にチャレンジして話題になることが多い通信教育の大手です。だけど名前は知っていても講座の特徴は知らない人がほとんどではないでしょうか。そこで、ユーキャンの宅建講座の特徴をまとめてみたいと思います。

 

ユーキャンの宅建講座の特徴

・講師の熱意がスゴい!

・ユーキャンのテキストはびっくりするほど薄い!

・メイン教材のテキストは初心者でもわかりやすい!

・過去問題集がスゴい!

・初心者に優しい入門ブックで民法を気楽に楽しく学べる!

・パソコンやスマホで動画解説が見られる!

・講座の講義やミニテストがインターネットで見られ、便利に楽しく学習ができる!

・いつでも好きなときにメールで質問ができる!

・添削で実力や弱点をチェックでき、自信を持って試験に臨める!

 

●ユーキャンでは、特に宅建講座の講師陣の熱意が強く、経験豊富な講師がどんな質問にも答えるので学習がしっかりと続けられます。

●薄いテキスト3冊は、徹底的に試験問題を分析して、合格に必要なことだけが書かれたテキストですから、短期合格を目指せます。

●宅建試験では過去問の焼き直しが7~8割ですから、過去問を繰り返し練習することが大切です。そうはいっても膨大な量の過去問に取り組むのは大変なことです。だからユーキャンの過去問題集は、出題率の高い問題を厳選して掲載。合格のための効果的な学習ができるように工夫されています。

ユーキャン講座の合格までの流れ

①基礎固めの学習 基礎テキストで宅建試験の全体像をつかみます
②実戦力養成の学習 徹底的に過去問の学習をし、合格レベルまで理解を深めます
③総復習をする 試験直前には実戦的なシュミレーションと弱点の発見克服が不可欠です。総復習では、本番試験と同じ時間内に同じレベルの問題を解いて鍛えます。

 

ユーキャンへの不安点

1.テキストはどうしてそんなに薄いの?そんなので大丈夫かしら?

「試験で満点を取れるテキストは、宅建合格には逆効果です。
出題頻度の少ない箇所にまで手を回すと、学習量と時間が何倍にもなり、
重要な部分の学習が薄まってしまいます」

というのがユーキャンの考え方です。

これは当サイトが独学の方に伝えてきたことと全く同じ考えです。ですからユーキャンの教材は自信を持っておすすめできると考えています。

2.万が一合格できなかったらどうなるの?

ユーキャンでは翌年の試験まで質問や添削指導サービスを継続することができますので、ご安心ください。

まとめ:テキストが薄いことの利点

効果的な合格を目指す上でテキストが薄いことの利点は、

・頭の中の整理がしやすい

・隙間時間を有効利用しやすい

・短期間で合格を狙える

・気持ちの負担が少なくモチベーションを保ちやすい

・結果、合格しやすくなる

ととても多いことがわかります。重要ポイントを凝縮し合格のために作り出した薄いテキストだからこその人気講座なのですね。講師陣が研究分析にかけた努力を想像してしまいます。ユーキャンが多くの合格者を輩出している理由はここにあると思います。

 

↓↓ユーキャンの宅建講座を詳しく見てみるならこちらからどうぞ↓↓

>>>講師の熱意がスゴい!教材の凝縮がスゴい!ユーキャン<<<

生涯学習のユーキャン

 

 

9.独学のリスクを解消

次に独学の解説をします。独学で合格を目指すときには大きくわけて3つのリスクが考えられます。

●教材選びを間違うリスク

●勉強法を間違うリスク

●モチベーションを維持できないリスク

以上のことから独学で合格するのは難しいと考え、費用的な面から宅建の資格取得を諦めてしまう場合もあることでしょう。確かに通信教育なら、専門家が研究し尽くした効果的なレールの上を歩いて行けばよく、そのぶん間違った勉強法で苦労するリスクはありません。それに対して独学の場合は、自分でそのレールを敷いていかなければならないというデメリットがあり、レールの敷き方を間違うリスクがあります。

それを補うために当サイトでは、独学の方の効果的な勉強法と勉強プランを公開しています。ですからイチからレールを敷く必要がありません。「学習に費用をかけられない」、「どこから手をつけていいのかわからない」、「独学でも合格できる効果的な勉強手順を知りたい」とお考えの場合は、プランと勉強法を解説した下記記事をお読みのうえ、ご自分のスタイルに合うよう微調整してご使用ください。

▶宅建短期合格法!17日で合格する短期合格プランと必勝勉強法

また、苦手科目をなんとかしたい、暗記が苦手、モチベーションが保てない、という場合に対応した記事も掲載していますのでご活用ください。

 

では、独学で一発合格を目指す方におすすめの教材とその特徴を解説します。

10.独学におすすめの参考書と問題集の特徴

独学での合格を目指すうえで考えなければならないのは、講師や添削の力を借りることができないという点です。ですから教材選びはより重要ということになります。初心者でもわかりやすい平易な言葉や適切な図表によって、独学でも理解が進みやすい工夫がなされているか、また重要でない箇所まで網羅した分厚い教材ではないか、独学合格の道のりをラクにできる本かをよく検討して市販本の中からチョイスしなければなりません。そこでそれらの問題をクリアするおすすめの市販本について見ていきたいと思います。

1.市販テキストの「とらの巻」

★解説がとてもわかりやすく、初めて宅建に触れる人や民法が苦手な人、他のテキストで理解がなかなか進まなかった人を強力にバックアップしてくれます。権利関係の難しいところもわかりやすく解説。民法をスーッと理解できるためスタートダッシュが効き、宅建業法、法令上の制限とスムーズに進んでいけます。

●とらの巻はテキストと参考書の役割を兼ね備えています。また4分野すべてを網羅しているため、これ一冊ですべて事足りる内容になっています。

●複雑な箇所には図表が入っており、わかりやすく構成されています。

●暗記要素の強い部分には、語呂合わせファンに嬉しい語呂も掲載しています。

●附属の「とらの子」により、暗記や隙間時間の有効利用が図れます。

※宅建試験は、その年の4月1日までに施行された法改正からも出題されます。そのため、それ以前に出版された教材をご使用の方は、教材発行後に行われた法改正の内容を確認して学習を追加する必要があります。法改正の内容はコチラ→📖で確認できます。

関連記事:▶テキストの特徴比較

2.市販問題集の過去問12年間

●過去に実施された試験を実施年度別に掲載した問題集です。12年ぶんありますので、理解度のチェック用、試験前の練習用と使い分けができます。

●毎年行われる法改正部分を修正して発行しているので、安心してご使用いただけます。

★上記2種は、独学での合格を目指すうえで基本の教材になります。この2冊を使い倒せば合格できる内容になっていますが、「苦手な部分をあぶり出して徹底的に鍛えたい」「穴埋め問題集が欲しい、徒歩時間を有効利用したい」など、さらに効率よく成績を上げるための便利な強化本として次の2冊をご紹介します。

関連記事:▶過去問題集の特徴比較

3.苦手分野を集中強化する「一問一答問題集」

●問題を分野別に編集しているため、苦手分野を集中して強化したいときに効率良く鍛えられる問題集です。

●分野別項目別○×形式でどの項目を理解していないかが手に取るようにわかり、その場で強化が図れます

●スマホアプリ付きで隙間時間にもどんどん学力アップが図れます。

関連記事:他の一問一答問題集も比較検討してみるならこちらをチェック!

▶一問一答問題集の特徴を比較

4.便利なアイテム「重要ポイント555」

●宅建試験に出題される重要ポイントを555個にまとめた一冊です。

●無料音声ダウンロードサービスが附属しており、通勤通学が徒歩という方が耳から情報を入れられるよう配慮しています。

●重要ワードが赤文字で印刷され、附属の赤いシートをかければ即座に穴埋め問題集になる点も便利です。

(※この重要ポイント555には解説はついていませんので、あくまでも便利アイテムとしての使用に適しています。)

以上の4冊が独学一発合格に向けておすすめの教材です。

宅建試験では毎年比較的似通った傾向の問題が出題されています。

ですから効率良く合格を目指そうとするなら、問題集、特に過去に実際に出題された過去問題集を中心とした学習が効果的です。出版されている問題集は、毎年行われる法改正によって正答が変化したところに修正を加え、最新の法律に沿った形で出版しています。発行年度の古い中古の問題集やネットの過去問をご使用の方は、その点をご注意ください。

 

さいごに

宅建を勉強すると、今までスルーしていた新聞折込の不動産チラシにも目を止める機会が自然に増えてくると思いますし、またそれを適正に判断する知識もできますので、資産形成を考えるきっかけは一般の人より多くなると思います。宅建の資格そのものが仕事として活きることももちろんですが、そのように、知らず知らずのうちに役に立つ事が多いというのも、宅建の魅力の一つです。だからこそ不動産業従事者はもとより、建設業、金融業、就職活動を控えた大学生、主婦のみなさんや高齢の方々など、毎年20万人もの人が資格取得を目指して日々努力しているのではないでしょうか。

そんな魅力のある国家資格を、できれば簡単に取得したいですよね。

宅建の試験は毎年7月に受験申込を受け付け、10月に試験が実施されます。ユーキャンでは学習期間6ヶ月を目安にカリキュラムを組んでいますから、試験までの日程を考え、早めに行動することが大切です。

 

>>>講師の熱意がスゴい!教材の凝縮がスゴい!ユーキャン<<<

生涯学習のユーキャン

 

 

>>>全国No.1級の宅建プロ講師監修!<<<
>>>的中率90%を超える教材がスゴい!TOP宅建専門講座<<<