徒歩時間を活用して宅建試験に合格するなら、この魔法の一冊を使おう!

忙しい日常の中で、宅建の資格取得に向けて活用できる時間を絞り出すとすれば、通勤や通学、昼休みやちょっとした待ち時間も積極的に使いたいところですよね。ところが、通勤・通学が電車やバスならば車内でテキストを見ることも可能ですが、徒歩の場合はそうもいきません。だからといってみすみすただの徒歩時間にしてしまうのはもったいない。仕事や学業の合間に資格取得を目指すなら、徒歩の時間も貴重ですし、できれば有効利用したいところです。そこで、この徒歩時間を魔法の時間に変えてしまう便利な一冊をご紹介したいと思います。

 

徒歩の通勤・通学を有効な勉強時間に変える魔法の一冊

そんな便利な一冊の名前は、「出る順宅建士 重要ポイント555」です。この教材には、宅建試験によく出題される重要なポイントが555個掲載されています。この書物が便利アイテムとしておすすめであるポイントは、なんといっても、音声ダウンロードサービスが付いているという点です。これによって活用の難しい徒歩の時間を、耳からの学習時間に変えることができるようになります。

重要ポイント555を使うことの利点は、徒歩時間の有効活用ができるということだけに留まりません。「読む」「書く」の勉強に「聴く」が加わることで、知識の定着率を上げることができます。

また、この書物には便利な点がもう一つあります。重要ポイント555は、重要なキーワードを赤文字で印刷し、赤いシートを附属しています。というわけで、開いたページにシートをかければ即座に穴埋め問題集に早変わりしてしまいます。

このように重要ポイント555は、一冊で色々な使い方ができるスグレモノとしておすすめできます。

①目と耳の両方から情報を入れることができる

②利用の難しい徒歩時間を有効活用できる

③穴埋め問題集としても使える

と、忙しい受験者にとって、大変嬉しい一冊になっています。

だけど注意!テキストにはなりません

 

と、ここまで誉めに誉めてきましたが、全部が全部いいところばかりではありません。というのも、この本には解説が書かれていません。テキストや参考書と思って買ってしまうと「失敗した!」ということになりますので、その点はご注意ください。

重要ポイント555は、テキストや参考書で一通り学習した後の、あくまでも強化アイテム、便利アイテムとしての位置づけで使われるといいと思います。通信や通学での学習を選択してすでにテキストを持っているという皆さんであれば補強用としてそのままご使用になれますが、独学をこれから始めようという皆さんの場合は、まず、とらの巻などの参考書を入手しましょう。

独学での宅建試験合格を目指すなら、教材の数は少なく、優れたものに絞ろう!

市販の教材にはいろいろなタイプのものがあり、一見しただけではその特徴や学習法に合ったものかどうかの判断が難しく、どれを選べばいいのか分からないなど、迷うことは多いと思います。そのため結果的に複数の教材を使用している方も多いのではないでしょうか。ですが独学での合格を目指すなら、テキストや参考書の冊数は少ないほうがいいでしょう。というのも、独学で資格取得を目指し合格を勝ち取ろうとする場合には、途中で勉強に行き詰まったり、自分の理解がどこまで進んでいるのかが分かりずらかったりと、壁を感じやすくなります。そうなることを避け、短期間でスムーズに合格というゴールテープの切るためには、教材の数を少なく、そして自分に合った優れたものを選ぶのがポイントです。それによって、最初から最後まで大きく詰まるようなことがなく、リズム感のある勉強を進めていくことが可能になります。

独学で必要な教材は、テキストと参考書を兼ねたものを1冊と、過去問題集1冊の計2冊です。問題集は、過去10年分を掲載したものがおすすめです。10年分あれば、途中で学力チェックをしたり、試験数日前に本番仕立ての練習に使ったりと、使い分けができます。参考書と過去問、この2冊をみっちり使えば、合格できます。

それではなぜ重要ポイント555や一問一答問題集があるの?という疑問に対する答えですが、それは学習時間の不足を補いたい苦手分野を速攻で強化したいという場合の補強用というふうに考えていただければ、教材選びとして間違うことはないと思います。

おすすめの教材の解説とその効果的な使い方について、もう少し詳しくお知りになりたい場合は、以下の関連記事をご覧ください。

▶独学一発合格に最適の教材はコレ!

▶宅建、短期合格法!17日で合格するための短期必勝プランと攻略勉強法!

まとめ

・耳から教材「重要ポイント555」で、徒歩時間を耳からの勉強時間に変える

・赤いシートを使って穴埋め問題集として活用する

・独学一発合格を目指すなら、テキスト兼参考書は厳選したもの1冊に絞る