【速報】宅建試験 2018年(平成30年)合格発表 合格点,合格率結果の詳細

2018年(平成30年)10月21日に実施された宅地建物取引士試験の結果が発表されました。

今年の合格ラインは37点という例年にない高い点数となりました。

以下、速報記事としてお伝えします。

【登録講習者を含む受験者全体の結果】

申込者数:265,444人 (前年より2.7%増加)

受験者数:213,993人(80.6%の方が受験されました)

合格者数:33,360人 (男性21,838人、女性11,522人)

合格率:15.6%

合格点:37(登録講習者32点)

 

【合格者の年齢に関する情報】

合格者の平均年齢:34.9歳

最年少合格者の年齢:16歳(男性)

最高齢合格者の年齢:80歳(男性)

 

【合格者の職業別割合】

不動産業:36.8%

建設関係:9.8%

金融関係:9.5%

その他の業種:22.0%

学生:11.0%

主婦:4.0%

その他:6.7%

 

【登録講習者(5点免除者)のみの結果】

申込者数:56,315人 (男性37,401人、女性18,914人)

受験者数:50,415人(89.5%)

合格者数:10,364人 (男性6,526人、女性3,838人)

合格率:20.6%

 

【登録講習者を除く一般受験者の合格率】

14.06%

 

▶合否の確認リンク

 

 

以上のような結果でした。

合格された皆さん、おめでとうございます!

 

なお、合格後の手続きについては、以下の関連記事をご参照ください。

 

▶宅建合格後の手続きの詳細

 

さらなるステップアップを目指したい方はコチラ

▶宅建士がダブルで取得したい資格7選