【速報】2019年度(令和元年)宅建試験合格発表結果の詳細 合格点,合格率

2019年度(令和元年10月20日実施)の宅地建物取引士試験の結果が発表されましたので、速報記事として発表内容の詳細をお知らせします。

今年の合格ラインは、合格点が35点、合格率は17%となりました。昨年は合格点が37点と例年になく高い点数でしたが、それを除けば今年は過去20年のデータを通してみても比較的高い合格点となり、合格率は昨年の15.6%に比べ17%と高い結果となりました。以下、今年の詳細データです。

受験者全体の結果(一般受験者と登録講習者の合計)

申込者数:276,019人(前年より4%増)

受験者数:220,797人(80%の方が受験されました)

合格者数:37,481人(男性33,727人、女性17,944人)

合格率:17%

合格点:35点(登録講習者30点)

 

登録講習者(5点免除者)のみの結果

申込者数:58,105人 (男性38,116人、女性19,989人)

受験者数:51,671人 (88.9%の方が受験されました)

合格者数:11,838人 (男性7,179人、女性4,659人)

合格率:22.9%

 

一般受験者の合格率

登録講習者を除く一般受験者の合格率:15.16%

 

合格者の職業別割合

不動産業:36.8%

建設関係:9.9%

金融関係:10.1%

その他の業種:21.3%

学生:11.4%

主婦:3.9%

その他:6.6%

 

合格者の年齢に関する情報

合格者の平均年齢:35.4歳

最年少合格者の年齢:14歳(男性)

最高齢合格者の年齢:89歳(男性)

 

▶合否の確認リンク

 

以上のような結果でした。

合格された皆様、おめでとうございます!!

 

なお、合格後の手続きに関しましては、以下をご参照ください。

宅建合格後の手続きの詳細

さらなるステップアップを目指したい方はコチラをどうぞ

宅建士がダブルで取得したい資格7選